眉ペンシル紛失で開けたメイクの可能性

「あれ?眉ペンシルがない…」
朝、メイクをしている時に起きたハプニング!
毎日使っている眉ペンシルが定位置にないのです。
「あれー?おかしいなー…、昨日ここに置いたはずなのに」
そう思って5分ほど辺りを探しましたが、やはり見つかりません。
これ以上探すと家を出るのが遅れてしまうので、その日は泣く泣く眉毛マスカラのみ。
しかし、通勤電車に乗っている最中も眉毛が気になって仕方がありません。
「変な形になっていないかな?」
「素っぴんだと思われたらどうしよう」
などなど、考えればきりがないほどネガティブな思いがこみ上げてきます。
ただ、会社に着くと自分でもびっくり!
めちゃくちゃ好評だったのです。
“顔が優しく見える”や“眉が薄い分目力が増える”など思わぬ意見に「えぇ!?まじで!?」となんだか自信がついてしまいました。
その後眉ペンシルも無事見つかりましたが、今ではほとんど使わずにメイクしています。
なんて単純…(笑)
けれど、あの出来事があったおかげで自分のメイクの新たなる視界が開けたわけで、本当に感謝しています。